作品名: TUNING FORK  作者: ピョートル・ツフォルドフスキー 第21回現代日本彫刻展 2005年

これもすばらしい作品ですね。作者名から判断すると海外の方のようです。
作者のコメントは、私のような凡人では思い浮かばないものです。

作者のコメント
「ときめき」という言葉の意味を、私は形状、機能の点で、「音叉」に見出す。
私には「音叉」が、精巧な構造と複雑な作用過程とを有する、脈動する有機体に見える。・・・etc.