« 野外彫刻: 風のうたたね | トップページ | 野外彫刻: Gravitation »

2007年10月13日 (土)

野外彫刻: 共生

同じタイトルの作品がシンボルロードにありますが、作者は違うようです。
福田総理も確か共生って言葉を使われたような・・・


作者のコメント
自然と人の営みとの関係を形にした作品です。公園の立樹を自然に例え
それをとりまく無数の金属の棒は人の営為です。
人の営みが無限の恩恵を与えてくれる自然に対して高圧的、懐疑的でなく
優しく寄り添う姿を金属の棒の曲線で、金属の穂は人の営みが実り、実を付け
頭を垂れ自然に対し感謝し謙虚な姿を示しています。
1997年制作の「共生」が自然と人の営みを対比同等に示した作品に次ぐ
シリーズです。

作品名: 共生   作者:望月 菊磨   第22回現代日本彫刻展 2007年
材質: コールテン鋼、鋳鉄
Choukoku_070930_042

Choukoku_070930_043

逆光でした
Choukoku_070930_044

|

« 野外彫刻: 風のうたたね | トップページ | 野外彫刻: Gravitation »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139216/16749770

この記事へのトラックバック一覧です: 野外彫刻: 共生:

« 野外彫刻: 風のうたたね | トップページ | 野外彫刻: Gravitation »