« トマトの寝かせ植え | トップページ | ズッキーニ成長 »

2017年5月20日 (土)

トマトの接ぎ木(合体)

接ぎ木した苗をよく購入しますが、雑誌に載っていた例を試してみます。購入した普通の苗を合体させるというものです。
写真左の中玉フルーツトマト(シンディースイート)と右ミニフルーツトマト(イエローアイコ)を合体させます。
接ぎ木した後どちらかの根を切って1本の根にするか、または根を2本残してどちらかの上を切るかします。
1本の根で2種類のトマトをならす。または2本の根でどちらかの収量を増やす。今回は合体までで今後どうするか考えることにします。

Img_1765_1

カッターで両方の接続部分を写真のようにカットします。
Img_1766

接ぎ木用テープがあるのですが探したとき見つからなかったので、代用として配管用のシールテープで巻きました。シールテープは引っ張れば伸びるので、いけそうな気がします。
Img_1768

作業が終わって片付け中に接ぎ木テープ発見!
Img_1774


|

« トマトの寝かせ植え | トップページ | ズッキーニ成長 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139216/65306106

この記事へのトラックバック一覧です: トマトの接ぎ木(合体):

« トマトの寝かせ植え | トップページ | ズッキーニ成長 »